っせいの着情報

・当サイトの新着情報です。
・毎週更新しています。

menu前ページTOPページ次ページspace.gifHOMEページ

「航空産業非破壊検査トレーニングセンター」オープニング記念
2017/12/13

13日「航空産業非破壊検査トレーニングセンター」オープニング記念セミナーが行われました。

道路標示を鮮明に改良
2017/12/08

兵庫区湊町〇丁目進入禁止にも関わらず、
道路標示が不鮮明の為、車両等が逆送し
危険な個所でした。白元役員の要望を受け、
道路標示を改良した

全国初 神戸陽子線センター開院
2017/11/07

兵庫県は6日、神戸市中央区のポートアイランドで小児がんに重点を置いた粒子線治療を行う医療機関「神戸陽子線センター」を12月1日に開設

有馬温泉観光協会から初めての国土交通大臣視察
2017/10/30

有馬観光協会からインバント状況、民泊問題観光と温泉活用で健康維持を等要望を受ける。初めての国土交通大臣視察

国道176号線早期完成に向け国土交通大臣現地視察!
2017/10/30

国道176号線早期完成に向け国土交通大臣現地視察!慢性的な渋滞の解消や通学路も狭く未整備区間の一日も早い完工が地元の要望 !

九州北部大雨災害救援募金
2017/07/19

大雨災害救援募金にご協力大変ありがとうございました

県政報告
2017/06/20

大阪湾岸道路西伸部について
兵庫県民にわかりやすく説明を行った。
この道路の最大の特徴は、神戸港の主要航路である新港航路、灘浜航路、神戸西航路を長大橋で跨ぐ計画である。神戸港では年間3万5千隻もの貨物船やクルーズ客船などが航行しており早期開通にはこれらの船舶の安全かつ円滑な航行を確保し、事業を進めていくことが必要。

長大橋の設計については「みなと神戸」にふさわしい神戸港の新たな景観を創出し、観光のシンボルとなる橋梁になるよう有識者の意見を聞く委員会を設置するなど国等と調整していく。また、高架橋については道路の高さを下げる工夫や透明な遮音壁の採用など都市の景観・環境と調和する構造となるよう国等に提案する。また、道路を活用した展望施設や休憩施設についてもレインボーブリッジの遊歩道等も参考に導入空間の確保や整備手法・管理主体等について、国・神戸市等と検討されています。

道路整備完了しました
2017/06/13

神戸市道平野楠谷線南側歩道整備が完了しました。

一般質問
2017/02/27

2月27日一般質問を下記内容を質問しましたいました。

尚、28日には神戸新聞に
 兵庫県の井戸敏三知事は27日の県議会本会議で、神戸市と共同で復元を検討している初代県庁について、2017年度に有識者や地元関係者らでつくる委員会を設け、設置場所や規模などを話し合っていく方針を示した。



 初代県庁は、廃藩置県に先立つ1868年に、現在の同市兵庫区に設置。江戸幕府直轄領の出先機関「大坂町奉行所兵庫切戸町勤番所」(兵庫勤番所)の建物が使われた。初代知事は、後の初代内閣総理大臣、伊藤博文。



 井戸知事は18年の県政150周年に合わせ、県庁発祥の地を、県民が歴史を振り返ることができる場所として活用したい考えを説明。候補地に、当時の所在地近くに位置する市中央卸売市場跡地(同市兵庫区)を挙げた。



 「兵庫始まりの地に、県民が歴史を学び、地域内外の多くの人が交流できる場を整備することで、県民の貴重な財産である歴史文化資源を後世につなぎたい」と述べた。
 松田一成議員(公明党・県民会議)の一般質問に答えた。

南海トラフ地震を想定し訓練
2017/02/04

兵庫県警察本部はこのほど、西宮市の阪神南広域防災拠点で、南海トラフ巨大地震を想定した災害警備訓練を行った。 広域緊急援助隊や若手警察官でつくる第2機動隊など、 約450人が参加。 県の防災監 (知事の代理) や公安委員らと共に県議会公明党・県民会議の松田 一 成`、越田浩矢(県議会警察常任委員長)の両議員が出席し、訓練の様子を見守った。

ドローンの活用は松田議員が推進。2015年12月定例会の 一 般質問で、「災害発生後の効率的な情報収集活動のためにドローンの導入・活用を」 と質問したのを機に、同県警への導入が実現した。
 ドローンは最高時速約65kmで飛行することができ、搭載した高性能力メラで撮影した映像は、リアルタイムでタプレットパソコンなどの画面に映し出される。担当者は、「導入以降、操作技術の向上に努めており、災害時の情報収集と救助活動に役立てたい」と話していた。(2017-2-4公明新聞)

menu前ページTOPページ次ページspace.gifHOMEページ